国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-06-15

[]昌平黌の唐音(『旧事諮問録』) 13:42 昌平黌の唐音(『旧事諮問録』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 昌平黌の唐音(『旧事諮問録』) - 国語史資料の連関 昌平黌の唐音(『旧事諮問録』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

旧事諮問録第六編

第八回 明治二十四年十一月七日

昌平坂学問所の事追補学問所規則覚書

答問者 旧幕学問所勤番組頭 石丸三亭

岩波文庫による

◎問 聖堂に医者がおりましたか、吉田とかいう医者がいたということですが。

◎答 さようです。吉田と杉本両人ありました。また、已前《いぜん》は長崎より唐通事《とうつうじ》が在勤しておりました。自然、唐船漂着等の節通弁の用意、かつ唐音《とういん》を学びたい者は教わったようです。(p149)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20050615