国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-04-18

[]西田直養『筱舎漫筆』巻十「皇国文章16:10 西田直養『筱舎漫筆』巻十「皇国文章」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 西田直養『筱舎漫筆』巻十「皇国文章」 - 国語史資料の連関 西田直養『筱舎漫筆』巻十「皇国文章」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

皇国の文章といふもの、西土のごとくおのがこゝろざしをいひ、思ひをのぶる為につくりしものにあらず。むかしは神にまうす祝詞と、臣下に令す詔詞と、御世々々の事をしるす日次のふみとの三よりほかになし。あるは出雲風土記の国引の詞、また神寿、室寿のものにてほかになし。いまの和文とてかくは、古今の序。大井川行幸の序などを祖とすべし。この文章のこと別にいふべし。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20050418