国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-04-18

[]西田直養『筱舎漫筆』巻一「方言古語ある」 12:09 西田直養『筱舎漫筆』巻一「方言に古語ある」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 西田直養『筱舎漫筆』巻一「方言に古語ある」 - 国語史資料の連関 西田直養『筱舎漫筆』巻一「方言に古語ある」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

小倉の俗に、細長く渡し舟などにする舟をひらたといふ。和名鈔船部に、〓〔舟帯〕、釈名云、艇薄而長者曰v〓〔舟帯〕。和名比良太、俗用2平田舟1云々。よくもかなひたり。又文字の神主の祭のをりにのるものをたこしといふ。和名抄、車部、腰輿和名太古之。また京都郡御所谷にては、皇居の跡をみやとこあとゝいへり。

随筆大成旧2-2,p29

西田直養は小倉藩士。元治二年没。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20050418