国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-04-08

[]『仙台間話』「御等」 『仙台間話』「御等」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『仙台間話』「御等」 - 国語史資料の連関 『仙台間話』「御等」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

源氏物語ニ、ごたちト云ハ娘子ノコト也。東都ニテごれう、或ハごれうにんト称スルハ、御娘、御娘人ナルベシ。ごもじト称スルモ同詞ナラント思シニ、五もじト書コト、后宮名目抄ニ有リ。前ニ注シタリ。南流別志ニ、田舎ニ古言ノ遺リシコトヲ記シテ(なるべし32)、奥州ニテハ娘子ヲおごらト云ト書リ(なるべし96)。仙台ニ来リテ聞ニ、今モおごたち、おごらト云也。此国ノ儒者ニ高橋某トテ道学ノ腐儒アリ。詩文モナラズ、道体ト云外ハ不v知。国中徠家ノ学ノ流行ヲ深ク嫉ミ嫌テ、南流別志ノ奥州ニテ娘ヲオゴラト云ト有ニ、我仙台未v聞v之可v笑ト書キ。又宋判ノ書ハ文字ノ大サ銭ホド有ト云上ニ、字之大何害v道ト書タリ。見者頤ヲ解ケリ。又姓尸ノコトヲ不v知ト見エテ、尸ト云コトハ異国ニハナキコト也ト云、尸ニ朱ヲ以テ点セリ。吾国ニ生テ吾国ノ語ヲ不v知ゾ浅猿キ。


日本随筆大成旧11 p303

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20050408