国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-04-01

[]義門活語余論』「諸国の方言によりて……」 10:37 義門『活語余論』「諸国の方言によりて……」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 義門『活語余論』「諸国の方言によりて……」 - 国語史資料の連関 義門『活語余論』「諸国の方言によりて……」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

【二八】 諸国の方言によりて 古言 雅語 の領會せらるゝあまたある事

 じ ぢ のけぢめ、かう くわうか のしなの如き、今もわかれてある處のあるは、古雅の傳はれる也。是を思ひても近き世人の霊語通とやらんにいへりとのさだ、古くは仙源抄などのみだりごとなどに惑ひて、「仮名に格なし」とやうにいひ思ふは宜からざること知るべし。くに%\の方言のあやしげなるに、はたかへりて此筋の正しきもとを訪ね得べき事もある物也。されば國々行廻り、或は都などにて相あひて、處々の物言ひを聞くに付て、物學ぴの助となる事も少からぬもの也。戀すてふとやうに云ては古くはちふといへり。其ちはといの約りと様にとかざれば、このわたりの初學はえ意得ねど、ちふとまではつね%\いひなれをる國處も少からず。聊もと云意ばへにて、ゆめしらずと云事此わたりには云へど、ゆめにとにもじそふればぬるが中にみる夢とのみ聞えて、聊少の事とはならず。さてそれに又も文じ一そへて、ゆめにもといへば、又いはゆる 聊も 少も といふ意になる。むかしぶみにては、ゆめにとにもじのみそへたるも聊少の意、亦 サラ/\ カツテ の意につかへるもあるを、今の世のつねごとに、すなはちしかいひをる國も有べし。但し和訓栞大綱()に若狭方言とて出せるには、此若狭にてふつにいへらぬ言の、たれも意得がてにのみする詞あるはいかなるにかあらん。是よりみれば彼大綱に出せる諸國の方言何處にも事のたがへるやあらん。かにかくに諸のくに人に親う交り聞てこそ。


義門「活語余論」巻2)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20050401