国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-01-23

[]〔経済録[九制度]〕 21:28 〔[[経済録]][九制度]〕 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 〔[[経済録]][九制度]〕 - 国語史資料の連関 〔[[経済録]][九制度]〕 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

近世の俗に名に吉凶有りと云て韻鏡にて反切することを貴ぶ。是に由て反切して吉なる字を擇ぶ故に人の名同じ士庶は衆多なれば同名多きこと云に足らず。諸侯は海内に三百人には過ざる数の内に同名有り。且吉凶を云に因て一生の間に幾度も名を改むる者多し。常に称する仮の官名を改るには君上に請て許を得て改む。名を改るには請ふことも無く自由に幾度も改む。是如何なる惑ひぞや。愚昧の至り、義理に背けること也。願くは上より令を出して韻鏡にて反切することと随意に名を改ることとを厳禁せらるべし。名を反切することは異国は勿論也、日本にても七八十年来のこと也。是義理を害し人を愚にする大悪俗也。此事を禁ぜられば天下の大幸ならん上に云る如く名を通行する風起らば人々自然に同名を避んとすべし。韻鏡にて反切する事を禁ぜられば名に用る字広くなりて遠き字をも取べき故に同名少かるべし。然れば名を行ふ事を令せられんには反切する事を必禁止せらるべし。



古事類苑文学部音韻反切

引用

湯沢質幸唐音の研究

釘貫亨近世仮名遣い論の研究』 P.71

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20050123