国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2004-09-29

[]『漢語都々逸』四編序 『漢語都々逸』四編序 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『漢語都々逸』四編序 - 国語史資料の連関 『漢語都々逸』四編序 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

漢語都々一といかめしう題号做ど、自己が如き盲目者流は是式をも漢語と唱へ、符帳かなんどの様に思へど、些少字学をなすものは是等を常の談柄なりとす。


【参考文献】

池上禎造(1957)「漢語流行の一時期」(『国語国文』)『漢語研究の構想』 p53

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20040929