国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2004-04-02

細江逸記『動詞時制の研究』第3章(抄) 細江逸記『動詞時制の研究』第3章(抄) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 細江逸記『動詞時制の研究』第3章(抄) - 国語史資料の連関 細江逸記『動詞時制の研究』第3章(抄) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

またこれをわが国語に見られるところと比較して考えると,

   わが心春の山べにあくがれてながながし日をけふも暮しつ   (新古今集,巻1)

は"Present Perfect"的であるが,

   わが心慰めかねつ更科(さらしな)やをばすて山に照る月を見て (大和物語,151段)

は"Present"的であり,

   万葉学のためにもまた光栄のきはみといひつべし

            (佐々木博士,『心の花』本年6月号)

は広い意味の"Present"であるとめ認られる。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20040402