国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2003-07-01

[]井村倫子『飛烏清子の母として』 井村倫子『飛烏清子の母として』 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 井村倫子『飛烏清子の母として』 - 国語史資料の連関 井村倫子『飛烏清子の母として』 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

共通語励行」という言葉を、日本の何人の方たちがご存じでしょうか。沖縄には、その土地その土地で方言がいっぱいあったのです。私の両親は教員をしていましたので、方言は使わなかったので、沖縄人である私たちでさえわからない言葉がいっぱいありました。

 そこで、沖縄全土にわたって、方言は喋らないように、標準語を喋るようにという「共通語励行」という運動があったのです。私のすぐ下の後輩の頃までありました。方言で話すのは、いやしいことだと言われていました。

 どうしても方言を喋る子は、紙に「私は方言を喋りました」と書いた大きな看板のようなものを首からぶら下げられて、一日、学校で過ごさなければならなかったそうです。子ども心に、ずいぶんの屈辱であったろうと思います。

(p.218)


方言札

著者昭和24年


関連書

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20030701