国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2003-02-25

[]和英辞書の始め(明治事物起原 第七学術) 和英辞書の始め(明治事物起原 第七学術) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和英辞書の始め(明治事物起原 第七学術) - 国語史資料の連関 和英辞書の始め(明治事物起原 第七学術) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


 横浜在留医士ヘボン、和英辞書の編纂あり。邦人岸田吟香(美作国久米郡塀和村の人にして、天保四年四月八日生まる。幼名太郎、次いで銀次と改め、落魄して左官職に隠るる頃、同僚呼んで銀公銀公といふ。後年陸放翁の詩に「吟到梅花句亦香」の句あるを想起し、みつから名付けて吟香といふ)その家に寓しおほいに編纂に力む。慶応二年七月稿成り、同九月相携へて上海に渡り、美華書院にて印刷せしめたり。三年印刷成り、名付けて『和英語林集成』といふ。

 ヘボン氏、岸田氏の功労を賞し、眼薬製造法を伝へたりしが、すなはち氏をして一躍大成功せしめたる精錡水これなり。

  野馬台が欧文ならば蟹が這ひ  浮萍

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20030225