国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2003-02-24

[]和文洋文符号明治事物起原 第七学術) 和文に[[洋文]]の符号(明治事物起原 第七学術) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和文に[[洋文]]の符号(明治事物起原 第七学術) - 国語史資料の連関 和文に[[洋文]]の符号(明治事物起原 第七学術) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


 清水卯三郎、明治七年の春、英人トーマス・テーの化学初歩を訳し、『ものわりのはしご』と名付けて小本三冊を発行せり。横山由清序文に、横がき洋文に用ひる符号を、縦がき和文に用ひたれば、もつとも奇異なり。その一斑を左に抄出す。

いでやこのものわりのてびきのいとを,あしたゆふべにくりかへしまよふふしなくよみときて よくそのふかきこゝろをえよ,よのをみなわらべたち;これをこのふみのいとぐちとす よこやまのよしきよ.

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20030224