国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-08-30

枕草子(195) 枕草子(195) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 枕草子(195) - 国語史資料の連関 枕草子(195) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

ふと心おとりとかするものは、男も女もことば文字いやしう遣ひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ。ただ文字一つにあやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらん。さるは、かう思ふ人、ことに

すぐれてもあらじかし。いづれをよしあしと知るにかは。されど、人をば知らじ、ただ心地にさおぼゆるなり。

いやしきこともわろきことも、さと知りながらことさらにいひたるは、あしうもあらず。我がもてつけたるをつつみなくいひたるは、あさましきわざなり。

また、さもあるまじき老いたる人、男などの、わざとつくろひひなびたるはにくし。まさなきこともあやしきことも、大人なるはまのもなくいひたるを、わかき人はいみじうかたはらいたきことに聞き入りたるこそ、さるべきことなれ。


なに事をいひても、「そのことさせんとす」「いはんとす」「なにとせんとす」といふ、と文字をうしなひて、ただ「いはむずる」「里へいでんずる」などいへば、やがていとわろし。まいて文に書いてはいふべきにもあらず。物語などこそ、あしう書きなしつれば、いふかひなく、作り人さへいとほしけれ。「ひてつ車に」といひし人もありき。「もとむ」といふことを「みとむ」なんどは、みないふめり。


金田一春彦日本語は乱れているか」

永山勇国語意識史の研究』風間書房

塚原鉄雄清少納言言語意識」『国語と国文学』1964.10「中古語

kuzankuzan2008/03/08 21:45http://d.hatena.ne.jp/kaien/20080109/p1

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020830