国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-31

[]東雅総論(30) 東雅総論(30) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(30) - 国語史資料の連関 東雅総論(30) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

古言の義。猶今も遺れるものあるは。亦その幸にぞありける。たとへば猶此樹を伐りて彼枝を接ぐに。彼枝既に長じて。樹となりぬるに及びて。此樹はたゞ其の根株のあるのみなり。されどまた江南の橘。踰v准而自変為v枳といひし事もあるなり。彼字の如きも。もとこれ此国に出し所ならねど。其声音の自ら転じて。此間の声音の如くになりしは。その然る事をも期せずして。然る所の者ありしとこそ見えたれ。


トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020731