国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-30

[]東雅総論(29) 東雅総論(29) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(29) - 国語史資料の連関 東雅総論(29) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

古語拾遺に。書契以来。浮華競興。顧2問故実1。靡v識2根源1といひし誠に然なり。我国の古言。其義隠れ失せし事。漢字行はれて古文廃せしに因れる多しとこそ見えたれ。細かにこれを論じなむには。此語と彼字と主客の分なき事あたはず。我国の言。太古の初よりいひ嗣し如きは即主也。海外の言の如きは即客也。漢字盛に行はれしに至ては。其義を併せてかれに随はずといふものあらず。これよりして後。客つゐに主となりて。主はまた客となりたりけり。

和訓栞大綱10

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020730