国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-28

[]東雅総論(27) 東雅総論(27) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(27) - 国語史資料の連関 東雅総論(27) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

旧説に漢字の音を転じて。和訓となせしありといふ事あり。似たる事は似たれど。其義を尽せりとも思はれず。漢字の音を用ひて。其音の転じぬと見えし類は。彼音を転じて。此語となすに意ありしにはあらず。前にもしるせし事の如く。五方の言の中。我国ほど其声音少なきはあらず。漢字の音の如き。我国になき所のものは。其音自ら転ぜざることを得ず。たとへば呉をよびてクレといひ。漢を呼びてアヤといふが如き。呉《ヴー》の字。訛胡切角次濁音をもてよぶベけれど。夫等の音は。我国のなき所なれば。呼得る事のかなはずして。すなはち転じてクレとなりし也。また。漢《ハアヌ》の字。虞汗切羽次清音をもて呼ぶべけれど。これも我国になき音なりしかば。呼得る事かなはずして。すなはち転じてアナとなりアナ又転じてアヤとなりし也。漢をよびてアナといひ。またアヤといひし事。日本紀にみえたり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020728