国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-20

[]東雅総論(19) 東雅総論(19) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(19) - 国語史資料の連関 東雅総論(19) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

また反語とは。かな返しなり。見ゆを目《メ》とレ。きえをケとし。やすくきゆるを雪《ユキ》とするの類也といふなり。古語に目をばマといひけり。マといふ語の転じてメといひし如きは。或は方言の同じからぬにもやよりぬらむ。見るといひ。見ゆといふが如きは。マといひメといふ言によりて。いひし所にぞあるべき。もしミといふ語を転じて。目《メ》といひしならむには。耳をよびてミミといふが如きは。またいかにやあるらむ。古語に消ゆるをばケといひけり。ケといふ言葉を緩く呼びし音の。開きてキエとはなりしなり。雪をユキといひいひしは。其色の白きをいひしことば也。詳に雪の注に見えたり。是等の語も。並に太古の時より聞えたりけり。其代の比ほひ。切韻の学などいふ事の伝りてや。ヤスの音を反してユとなし。キエの音を反してケとなし。ケの音を転じてキとなし。ユキといふ事のあるべきにもあらず。是等の説の如き。其世を論ずる事にも及ばず。後代の事をもて。太古の事を説きぬるが致す所とこそ見えたれ。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020720