国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-05

[]東雅総論(4) 東雅総論(4) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(4) - 国語史資料の連関 東雅総論(4) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

我国古今の言に相通じなむには。まづ其世を論ずべき事也。旧事紀 古事記 日本紀等の書にみえし太古の語言の如きも。其書撰述の代の人の云ふ所をもて記されしとみえし事もあれど。神名人名また歌詞の如きは。古よりいひ嗣しまゝなる者とぞ見えたる。古を去る事やゝ遠くして。海外の人のゆきかふ事ありしより。此かた夫等の語言。相交はれりと見えし事もありて。韓地の諸国 本朝に服属せし後に及びては。彼土の人等。此に来れるのみにもあちず。彼国に置れし官府をしりて。其政を掌れる 本朝の人々も多かりし程に。これかれの方言相雑らざる事を得べからず。六経の学の相伝はれるより後。百済の博士等。おの/\其学をもて来りつかふまつる。代々に絶ず。秦漢隷楷書體を取用ひ。我国の古文廃せしに至ては。古語の如きも。或は其言廃れ。或は其義隠れて。我東方の語言。大きに変ぜし事の始とこそ見えたれ。


参考文献

上田萬年「言語學者としての新井白石」

「我国古今の言に相通じなむには。まづ其世を論ずべき事也。」永山勇p5

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020705