国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-07-02

[]東雅総論(1) 東雅総論(1) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東雅総論(1) - 国語史資料の連関 東雅総論(1) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

天下之言には古言あり今言あり。其古今之間に於て。又其方言あり。方言の中に亦各雅言あり俗言あり。古言とは太古より近古に至るまで。其世々の人のいひし所の語言なり。今言とは近世の人いふ所の語言なり。たゞ今五方の人の語言。各同じからざる所あるのみにはあらず。古の時といへども。亦各其世にありて。五方の語言同じからざりし。猶今の如し。古もまた中土東南西北の人の如き其人には雅なるあり俗なるあり。大やうはよき人のいふ所は雅言あり。賤きがいふ所は俗言にあらざるものすくなし。それが中古言の猶遺れる。今の人のいふ所にはあらねど。其語の解すべきあり。解すべからざるものあり。また今の人の云ふ所の。もとこれ古言に出し。其解釈を得ざれば。義明らかなるべからざるもすくなからず。爾雅の書に釈詁釈言などいふあるは。古言今言其異あるを解きて。人をして知らしむるを釈詁といひ。古今之間。四方之言の。能く通ずる事なきを解きて。人をして知らしむるを釈言といふ。千載の下に生れて。千載の上に通じ。一方之内にありて。四方の外に達しなむ。難からざる事ともいふべからず。


古事類苑』人部十一「言語

参考文献

「たゞ今五方の——俗言にあらざるものすくなし。」永山勇12

爾雅の書——釈言といふ。」永山勇10

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020702