国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-06-28

[][]徒然草(160) 徒然草(160) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 徒然草(160) - 国語史資料の連関 徒然草(160) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 門に額懸くるを「打つ」と言ふは、よからぬにや。勘解由小路二品禅門は、「額懸くる」とのたまひき。「見物の桟敷打つ」も、よからぬにや。「平張打つ」などは、常の事なり。「桟敷構ふる」など言ふべし。「護摩焚く」と言ふも、わろし。「修する」「護摩する」など言ふなり。「行法も、法の字を清みて言ふ、わろし。濁りて言ふ」と、清閑寺僧正仰せられき。常に言ふ事に、かゝる事のみ多し。



岩淵悦太郎「兼好の耳──平曲発音東国方言か」

亀井孝「語学資料としての語り本平家物語」

鈴木豊「術語としての「清音」と「濁音」」?

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020628