国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-06-18

[]和訓栞大綱(157) 和訓栞大綱(157) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(157) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(157) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

漢音呉音ともに今の唐音といふものと大に同しからす今いふ所の如きは倭の漢音呉音にしてまた西土漢音呉音にはあらす されは其始め儒典梵書ともに韓國を歴て我邦に傳へたれは韓音倭音相混して今の音とハなれる成べし 聲音もとより風土の然らしむるものなれば自ら變せさる事を得べからず 韵學私言にも應神ノ朝韓國献経史貢博士而邦人即能通之既有文字則必當有副字之音 以國俗習疂音之語而不v請混成之音乃雑用華韓之音 以呼華字單音以録國語耳 今所行呉音蓋是也と見えたり

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2562782/49

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020618