国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-06-13

[]和訓栞大綱(152) 和訓栞大綱(152) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(152) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(152) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○我邦に入聲のなきゆゑハもと単音の國にて韻律を主とせす よて西土の音にていへは此方の語は総て入聲の如し 今の唐音にても唯入聲のみ此方の一音の如くにして餘の三聲の類に異れり されは此方の音にていはんに彼國の入聲にも平上去の差別ハありて三聲の内にこもれハ別に入聲は無るへしといへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020613