国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-06-12

[]和訓栞大綱(151) 和訓栞大綱(151) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(151) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(151) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

私記に〓土煮尊沙土土尊に就て問此二神御名煮同字也 何故有變聲之讀哉 答是據古事記上煮字讀上聲下煮字讀去聲其由雖未詳如此之神名皆以上古口傳所注置也と見えたり 古事記中に此去聲唯一ありにハ土にて本音去聲なるを比地邇とつゞくをもて上聲となれハ上とあるハ他の例に同し 去ハ本音なれハ附る例にあらされと上の上聲とならひて忽音の變るをもて成へし

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020612