国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-06-09

[]和訓栞大綱(148) 和訓栞大綱(148) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(148) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(148) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

讀書口語ともに漢呉は勿論 清濁音便の宜しきに從ふへし 假令は儒道佛道のときは道の字濁音神道の時は道の字清音也 名分等分なといふは分ノ字濁音也 幾銭幾分と呼には一分より九分にいたり 清音半濁を用う 寸尺に至ては[ぷ]と呼か如き是也 一書に唐音は必無逼連聲變聲ともいへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020609