国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-05-25

[]和訓栞大綱(133) 和訓栞大綱(133) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(133) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(133) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○[なにぬねの][たちつてと]の二行に連聲あり 連聲といふハよみつゞきにて音を變する也 天王の王を[なう]と呼ひ 越王の王を[たう]と呼ひ南音?は[にん]とよひ 八音は[ちん]とよふの類也 又南山變化を[なんざん][へんぐゑ]とはぬる音の文字の下は清るも濁音となり 葛伯一品を[かつばく][いつばん]とつむる音の下にてハ半濁と成なりといへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020525