国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-05-19

[]和訓栞大綱(127) 和訓栞大綱(127) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(127) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(127) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○助語の[なりける]ハ[にありける]を約めたる詞也 [ざりける]ハ[ぞありける]を約めたる詞也 [けり]をつゝめて[き]ともいふ よて萬葉集に來字を用ゐたり 常にいふ助語にも矢瀬の女ハ[にや]といふを京都の人は[な]といふ [にや]反[な]也 尾張の人ハ[でや]といふを江戸の人は[だ]といふ[でや]反[だ]也 西土にても何不を蓋とし不可を〓とし之乎を諸とし如是を爾とし而已を耳とす 此皆二合の音をもて其義をとる也 よて夢溪筆談にも二合をもて切字の原としるせりとそ


和訓栞大綱(54-6)(尾張の郷談)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020519