国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-05-18

[]和訓栞大綱(126) 和訓栞大綱(126) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(126) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(126) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○倭語もと一ツにして相轉して其用をなせるもの多し [ひとつ]轉して[ふたつ] [みつ]轉して[むつ]となり [よつ]轉して[やつ]となり [ふつか]轉して[はつか]となるか如きは相通也 [見]を[目]の用とす [みえ]を約むれハ[め]となる [みらく]ハ[見る]の義 [みえん]は[見ゆ]の義 [みせん]ハ[見す]の義 [みなく]ハ[見ぬ]の義是皆反切也 されともまた文字に冩して其變通の妙を察すべし 萬葉集に[みん]を[將見]と書り [まさに見んとする]の意也 [みたり]を[見有]と書り [見てある]の義 [てあ]反[た]也 [みえぬ]を[不所見]と書り [見られざる]の意也 [みせず]を[不v令v見]と書り [見せしめさる]の意也 [見ぬ]を[不v見]と書り [ぬ]と[す]と韻通せり [みなくに]を[不v見國]と書り [なく]反[ぬ]也


トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020518