国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-05-16

[]和訓栞大綱(124) 和訓栞大綱(124) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(124) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(124) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

倭語もと單音也 よて[いうむふつくちき]を捨假字といへり 介を[か]とよみ 登を[と]とよみ 天を[て]とよみ 納を[な]とよみ 乙を[お]とよみ 作を[さ]とよみ 吉を[き]とよみ 役を[え]とよむの類是也 世にてにをはすてがなと覚えたるハ誤なりといへり 又無名抄に「はねたる文字入聲文字のかきにくきなとをは皆すてゝ書也」 萬葉には新羅を[しら]と書 古今の序には喜撰を[きせ]とかく 是等皆其證也と見えたり




一説に。ういむふつくちきを。すて假字といへり。今書物につけたるてにはを。すてがなといへるは。あやまれり。書物にあるは。しり假字と云べしといへり。今按ずるに。てにはがなといふべし。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020516