国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-05-12

[]和訓栞大綱(120) 和訓栞大綱(120) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(120) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(120) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

平上去入四聲ハとりも直さす唐音の[ひんじやんきいじつ]にて分る 又隹の韻に唖音あり 灰の韻ハ唐倭同音 尤の韻の如きハ引なから直に用ゐ豪の韻は別なからわりがなにて[しやう][なう][ぼう]と唱ふるの意有り [まみむめも]の濁音[はひふへほ]となるは[はばばま][ひぴびみ]にで知ぬべしといへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020512