国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-05-10

[]和訓栞大綱(118) 和訓栞大綱(118) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(118) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(118) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○凡そ一より二三を生し二より四を生し三より五を生する故に五音相通の内に第ニ位と第四位との音はわけて通しやすし よて雅語にも俗語にもかよハし呼もの多し 反音鈔に五音二與四三與五相通之といひ 悉曇十ニ例にも諸梵語中伊翳通用と見えたり よて第二音に切《ツヽマ》る語は第四音に轉《ウツ》るの例多し

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020510