国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-04-14

[]和訓栞大綱(92) 和訓栞大綱(92) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(92) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(92) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

いゐえゑをおの三對六字もとより軽重同しからす また相通へる例なし 南朝の明魏法帥はいゐえゑをおのたぐひ皆通して書へきよしをいへり 是は通を見て別を知らさる也 別あるゆえに通の名もあり 先別を能知りて通をかね用へし 通別相まちて互に用をなせりといへり


トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020414