国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-04-11

[]和訓栞大綱(89) 和訓栞大綱(89) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(89) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(89) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○「あいうえを」の行「わゐうゑお」の行、首尾に居て活用する時ハ假字づかひ多「はひふへほ」の行に帰せリ たとヘハあの行を「遇」にていふに「あはん」「あひ」「あふ」「あへ」とはたらけり わの行を「請」にていふに「こはん」「こひ」「こふ」「こへ」とはたらく如し(信友云此説聞えず)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020411