国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-04-03

[]和訓栞大綱(81) 和訓栞大綱(81) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(81) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(81) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○五十字音は十四音に摂し十四はあいうえをの五韻に收り五韻またすへてあの一韻に歸せり 凡人のロを開きて音を生する始めは必すあの音あり あは一切聲韻の本源言語の根基也 よて人の初て生れ出て發する聲もまたあといへり されは神代に諾冊の二尊唱和の詞にもあなにやしと宣ひし是そ聲韻言語の始めなるへき 大日経疏にも若無2阿聲在1即不v開v口亦自無v有v聲也とも又阿字遍2一切字1若无2阿字1則字不v成とも見えたり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020403