国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-04-02

[]和訓栞大綱(80) 和訓栞大綱(80) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(80) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(80) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○あいうえをの五字とかさたなはまやらわの九字と合して十四音也 五字を韻とし九字を聲とし三十六字を生するゆゑに能生所生合して五十音となる也 五十音は十四音を本とす よて涅槃経にも十四音名曰字本とも説りといへり されと涅槃経の十四音は慈覺大師の説を正とす 悉曇藏に見えて倭音とは別也ともいへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020402