国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-04-01

[]和訓栞大綱(79) 和訓栞大綱(79) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(79) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(79) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○いうえの三ツ同字にて無用なるやうに見ゆれとも うにかよふいえあり これをあいうえをの行に收む ゆにかよふいえはやいゆえよの行に收む あいうえをのうは軽く出る音訓の頭に用る是也 わゐうゑおのうは音訓の尾につかふ重きう也 よてあわやの喉音を首尾と中とに配當せりといへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020401