国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-03-31

[]和訓栞大綱(78) 和訓栞大綱(78) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(78) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(78) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

五十音の内いうえの三音各ニツありて實は四十七音也 こは華巌の字母兩阿藏の如し よて千載集の序にも四そしあまり七もしといへり いろはの歌もまた四十七字也 されは寂昭?入宋せし時に字母僅に四十七といひし書史會要に見えたり 涅槃経にハ字母五十字とゝき西域記?荘嚴経?なとには四十七言といふか如し 阿蘭陀も四十八字をもて通用すといへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020331