国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-03-25

[]和訓栞大綱(72) 和訓栞大綱(72) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(72) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(72) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○韵學私言曰吾邦舊傳2五音十母圖1實古來韻學之権輿日用言語之楷範也 爲v字纔四十有餘而人能極2其微1盡2其蘊1則宇内之聲音経v耳即可v得2其情1至約而備2衆法1至簡而應2萬變1殆乎 臻v妙入v神之作其有v功2於人世1亦大矣 鄭夾際所v謂婆羅門書以2十四字1貫2一切音1 字海所v云王斗十字母蓋皆指v此也

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020325