国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-03-15和訓栞大綱(62)

[]和訓栞大綱(62) 和訓栞大綱(62) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(62) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(62) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

萬葉集詠霍公鳥歌の下に毛能波弖爾乎六箇ノ辭闕之と見えたり 助語なくてはよみかたきをもてかく注せり 是所v謂てにをはの原始なるべし かつ歌のとまりに此六の辭ありては皆必す上へ反る意味あり 又名語多くは助辭をもて事を辨へたり よて古今集

   白浪のあとなきかたに行船も風そたよりのしるへなりけり

此歌も文字ーツにて戀の歌となれりといヘり 又昔の歌はてにをは字多く新古今集の時分より少くなれりともいへり

http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/902866/21



「白浪の~戀の歌となれり」の部分、『てには網引綱』による。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020315