国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-03-14和訓栞大綱(61)

[]和訓栞大綱(61) 和訓栞大綱(61) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(61) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(61) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○[てにをは]の所詮は切と續くとの二品也 文章句讀あるか如し 又[てには]ゝ鳥の翅の如く舟の梶の如し 鳥は翅をもて高天に上り舟は梶をもて海路を凌く 歌は[てにをは]にて千變萬化すといへり


http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/902866/21


てには網引綱』による。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020314