国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-03-13和訓栞大綱(60)

[]和訓栞大綱(60) 和訓栞大綱(60) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(60) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(60) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

てにをはといふは右にをことは左に爾かてとあるを平上去入點法の如くにして四隅を左旋りによむ也 よててにをは博士家より出て 歌學家の言にあらすといへり をことはといへるもてにをはといへるも ともに辭のつなぎ也 或説に出葉の義といへるは腹を捧ゆへし


http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/902866/21


てには網引綱』による。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020313