国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-03-08

[]和訓栞大綱(55) 和訓栞大綱(55) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(55) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(55) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○處所の名に音にもにもよべる類多し それか中に多武ノ峰を談ノ峰と書しは多武の音を談一字に用ゐたる也 供僧は常に談山と音によべり さるを後にハかたらひやまなともよめリ 二荒山はふたあれやまなるを音をよぴしより近世美字を撰み用ゐて日光山と稱せり 比叡ハ日|吉《エ》の假字書なるを日吉をひよしと唱へしより一山の名を社地と佛場とに分てり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020308