国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-21

[]和訓栞大綱(52) 和訓栞大綱(52) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(52) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(52) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

ゆとうよみといふハ湯桶の字 一字ハ一字は音なるをいへり 中古以下かゝるもまた多し 文字よみといふは石竹をいしたけ 海松をうみまつ 龍眼をたつのめ 龍膽草をたつのいぐさとよみ 小角はくだのふえなるををつのゝふえとよみ 虎耳はゆきのしたなるをとらのみゝとよみ 知風草はちからぐさなるをかざしりぐさとよむの類是也 物の名にいと多し 又硯を歌に見る石とよみ 米をつねに八木とよべるは析字の名目にて西土にもいへる事也

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020221