国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-20

[]和訓栞大綱(51) 和訓栞大綱(51) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(51) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(51) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

萬葉集に訓をハ多く下の言を用う たとヘハ 卜をら 市をち 圓をろ 臣をみ 相をふ 麻をさ 生をふ とよむの類推て知へし○磐余をいはれ 高脚をたかしとよむハ はもかも引ハ河の音こもれり 過去しをすぎにし散去をちりにしとよむハ きもりも引ハいの音こもれるをもて也 此類も亦多し

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020220