国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-18和訓栞大綱(49)

[]和訓栞大綱(49) 和訓栞大綱(49) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(49) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(49) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

田舎詞はだみて聞うるを俗になまるといへり 拾遺集

   あつまにて養はれたる人の子は舌たみてこそものはいひけれ

と見えたり 萬葉集古今集にも東歌の部を立たり その詞音韻相通ならてハ解得かたし 又玉葉抄に

   鶯はゐなかの巣にてそだてともだみたる音をは鳴ぬ也けり

と見えたれど關東の鶯は其音實にだみたり されば世に大和の鶯山の産をもて其音を賞せり 又よのつね月日星と鳴鴬も神路の山にては「ひつきほし」となけるといひ又西土の鶯は大に異れりとそいふなる これは諸鳥の音に至りても風土によりて變れるをや


古事類苑』人部十一「言語

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020218