国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-11

[]和訓栞大綱(42) 和訓栞大綱(42) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(42) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(42) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

倭語に|復《カサネ》詞多し つくはねのみね けふのほそぬの つしまじま あふみのうみ 幾かのひ かりほのいほ あまつそらの類是也 西土文辭にも鄭重を厭はぬは宋玉か賦に旦舞朝雲 古樂府に暮不夜歸の類多し 又體用を併せいふものあり 舞をまふ 使をつかはす等是也 又語を添ていふものあり あふみのや 石見のや いせをのあまの 類是也 西土にても于越句呉なとの于句は發聲なりといへり 又梵倭兼稱するものあり 護摩をたく 闘伽の水の類なり 韓和並舉るものあり ありなれ川の類是也

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020211