国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-09

[]和訓栞大綱(40) 和訓栞大綱(40) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(40) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(40) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

倭語に頭辭《マクラ》あり下河邊氏の説に歌にまくらことばあるは人の氏姓あるに同し 古き歌のたけかたく聞ゆるは多くハ枕詞を置ける故也といへり 歌のみならす日本紀古事記等に出せし神語又は神名に至りて多くは枕詞あるをもて何となく幽玄にしてかう/\しくきこゆる也 流れての世に至りてハ頭辭をもて直ちに其物の名とせるも亦多し 玉ほこを道とし たらちねを母とし 百しきを大宮とするの類也 水鳥の鴨 飛鳥の明日香 白鳥の鷺坂山なといへるはまた一格也

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020209