国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-08

[]和訓栞大綱(39) 和訓栞大綱(39) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(39) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(39) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

かなつかひを後世の事といへる説は大なる僻事也 後世に至りて其法を失ひ却て大にみたせり 五十音いろはは所v謂かなつかひには非るにや 又古書をもて徴とするをいとひて別に一種の學を立るものあり 杜撰といふへし されは古今集の同し文字なき歌に

  よのうきめみえぬやまちへいらんにはおもふひとこそほたしなりけれ

此歌を唱ふるに「え」と「へ」と同音にきこゆれと「みえぬ」は「みゆ」とはたらけは「え」なる事しるへく「やまちヘ」は方の義なれは「へ」なる事知へし 新勅撰集?にも同し文字なき歌

  あふことよいまハかきりのこひなれやゆくすゑしらてむねそもえぬる

是も「ゑ」と「え」との別あり 同韻なれと同字にはあらず

梅村載筆に此古今集の歌を舉て長嘯惺齋?なと辨へ得られざるよしをいへる*1は、よく古書を讀さるの誤なるへし

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020208