国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-04

[]和訓栞大綱(35) 和訓栞大綱(35) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(35) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(35) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○世にひとつ書といふハ條を分ち目を立る時に一云々一云々と掲書するをいふ 既に三代實録に見えて西土にも例ある事にこそ 我邦の書法公式令に見えて平書闕字の二ツのみ 漢唐もさあらんか 平書とは之を書して行頭に在をいひ闕字とハ一字を闕て之を書するをいふ 今別に掲て書に一字あくるを一擡頭といひ 二字あくるを二擡頭といふ 陳眉公書蕉に魏晋儀註冩章表別起行頭者謂之跳出 今曰擡頭と見えたり 又闕字するを空字といへり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020204