国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-02-01

[]和訓栞大綱(32) 和訓栞大綱(32) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(32) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(32) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

梵語を譯して漢語とし漢字を譯して倭語とす 其義一也 よて日本紀舊事記などに此云或ハ此間云?と注せし翻梵語の例によれり よて萬葉集にハ反云とも書り 其用られたる假字も亦多く梵書翻譯の字を取れり 婀愛耆〓〓〓〓〓等是也 二字連用られたるは阿提波陀等是也 〓〓〓なとの字わさと口に从ふ者は陀羅尼の例上聲の字也 其よし大慧?の大日経?ノ註に見えたりとそ 大隅國囎唹ノ郡の如き亦是也

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020201