国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-01-28

[]和訓栞大綱(28) 和訓栞大綱(28) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(28) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(28) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

朝鮮の讀法字に助聲ありて此方のてにをはの如し 諺文とて此方のいろはの如きもの有て字の側はらに細書して讀あり 字音の異なるのみにて我國の讀法と異なる事なし 夷狄の言語萬國皆かくの如しといへり しかはあれと西川氏の説に亜墨利加大洲?の内ぺるう國?は唐土の言語の如く韻律にていふ詞也 此外は皆音訓の詞也といへり 又地理形勢を究るに東方の最初は日本國也ともいへり されば天地發聲の始め四時中正の國なるをもて我國語音の道殊に勝れたればにや 唐書にも凡海表之國以夏音聞者獨日本耳と見えたり 其天下萬國の語音を并せて通ぜずといふものなき事は當時崎陽譯語家にても験すべきにこそ

bbhouse@perubbhouse@peru2014/09/04 23:28管理人様

始めてまして。
現在、ここに記載されている西川如見の文書を含む南米ペルーの歴史に関する著作のスペイン語訳を行っている者ですが、「韻律ノ詞」と「音訓ノ詞」の定義・解釈に苦しんでおります。
もし、できましたら、この二つの概念の解釈について専門的な見識からお知恵を賜れば幸甚です。。

なお、ここで触れられているる西川如見のテキスト原文は下記の通りです。

西川如見「増補華夷通商考」巻之五,洛陽,甘節堂,1708.

「ベルウ國 大國ニテ熱國ナリ(略)又此國ノ詞ハ唐土ノ言語ノ如クニ韻律ニテ謂詞也トゾ 此他世界萬國ノ詞ハ皆音訓ノ詞ニテ韻律ノ詞ニハ非ストゾ(略)」

よろしくお願い致します。

bbhouse@perubbhouse@peru2014/09/04 23:54管理人様

調査を続けた結果「声調言語」と「非声調言語」の違いについて言及しているらしきことが明らかとなりました。

貴サイト掲載情報が大変役に立ちました。
心より御礼申し上げます。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020128