国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2002-01-23

[]和訓栞大綱(23) 和訓栞大綱(23) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 和訓栞大綱(23) - 国語史資料の連関 和訓栞大綱(23) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

あて字を書ことは或は本據なき熟字をつくり或は正義ならぬ文字をもて牽強附會し書るをいふ也 はしり書とハなほざりにて心にもいらぬをいふ ちらし書といふハ色紙短尺艶書なとにいへり 散亂の體也 はなち書ハ源氏に見ゆ をきなき比の手一字つゝはなしたる體をいふめり 葦手歌繪なといへる事あり あの部うの部に委しく記しぬ みゝず書は字の調らぬをいふ ふぢの花がき つのはがきハ異體也 各部に見えたり又かなばかりにて書たるを大假名とも見えたり

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20020123